BMW・E46 ツーリングにリフレッシュメンテナンス

日本国内でのBMWの販売台数が
一気に増えるきっかけとなった
E46型のツーリングが入庫しました。

当時このデザインの良さに
BMWファンが増えたのも
納得のカッコよさです。

このお車は後期型で
外観は前期タレ目のヘッドライトからツリ目に変わったのですが

当時、エンジンは前期型から設計が大きく刷新され
エンジン内部のフリクションロスが徹底的に排除され
レスポンスや燃費が改善されたモデルです。

あと、
スロットルバルブの開閉がアクセルワイヤーを用いた機械式から
スロットル開度センサーからECUを介してサーボモーターを動かす
フライバイワイヤー方式に変更され
電子制御化が一気に進んだ時でした。

外観は変わっていないのですが
フルモデルチェンジと言っていいくらい(笑)

BMWの良いところは
車重の前後配分が50:50に限りなく近いことです。

これは車体の安定性や運動性能に大きく影響します。
前軸に重くのしかかる直列6気筒エンジンが
驚くほど居住スペース寄りに配置されているのが
写真でも判ります。

その理想的な重量配分は
切れ味鋭いハンドリングに寄与し
ドライバーが狙ったラインを正確にトレースします。

スキー場で国産FRの車がスリップして
まともに走れない中
同車がチェーンも巻かずスタッドレスタイヤのみで
登ってくるのが驚きでした。

そーんな新車の時のようなフィーリングを取り戻すため
今回リアのショックアブソーバー、
エンジンマウントブッシュ、ミッションマウントブッシュを交換しました。

定番のフロントのコントロールアームブッシュは
既に交換済みでした。

このブッシュにクラックが入ると
ステアリングを当てた時
フロントタイヤからボディへの応力の伝達がスムーズに行われず
コーナー侵入のタイミングが取りにくくなります。

バネ下重量の軽減に
アルミニウム製のロアアームが使われており
メーカーのこだわりがビシバシと伝わってきます。

リアショックは
ビルシュタインの純正形状のものを選びました。

SACHS(ザックス)製とどちらにしようか悩みましたが
ご相談の末、ビルシュタインに決定。

よりスポーツ特性に振ったキットもありましたが
ノーマル車高であることや、普段の使い勝手を考え、オトナの選択。

リアラゲッジのトリムを丁寧に外していき
ショックを交換。

ツーリングはセダンと異なり
ショックのアッパーにたどり着くまで
手間がかかります。

トリムとボディの間にある緩衝材を
カッターで切ってしまうショップもありますが
当店はていねいに外しています。

エンジンマウント、ミッションマウントは
チェーンブロックを使用し、難なく交換。

今回のメニューは地味な作業ですが
乗り心地の改善や
エンジンの余分な振動が制限され
本来のビシッとした走りが蘇りました。

NEW SENRIでは
大切な愛車をいつまでも永く乗り続けたい
というオーナー様の思いを大切にしています。

Kさま
今回も整備のご用命いただき、有難うございました。

この記事を書いた人

NSコンシェルジュ 永田 順

NEW SENRIフロント主任であり、NSコンシェルジュ。
大阪府吹田市生まれ。ホンダ学園出身で整備経験も豊富。電装系、車両エンターテインメントシステムの構築は特に得意!夏は登山とツーリング、冬はバックカントリースキーで目の色が変わる真っすぐな男(笑)